ヘルシーコラムTOPへ戻る

ヘルシーコラム食事編

VOL.26
こんな時どうしたらいいの?D ダイエット中。短い昼食時間に、何を食べればいい。
忙しい毎日の中で、昼食にあまり時間をかけられない日も多いのではないでしょうか。
今回はダイエット中、時間のない中で昼食に何を食べればよいか考えていきましょう。

◆昼食を抜くと太りやすい?
忙しくて昼食を抜いたり、おにぎりだけで食事を済ませてしまうと、摂取するエネルギー量は少なくなりますが、身体が飢餓状態と察して体脂肪を蓄えようとします。また、昼食を抜くとつい気が大きくなって、夕食に必要以上に飲み食いしてしまうため、結果的に太りやすくなってしまいます。

◆腹持ちが良く、食品数の多いものを選ぶ
短時間に食事を済ませようとすると、麺類などで食事を済ませてしまいがちですが、午後の活動に集中し、少しでも代謝をよくするためには「腹持ちがよく」、「食品数の多いもの」を選ぶよう心がけてみましょう。また、野菜などが不足していると感じた場合は、休み時間などに野菜ジュースや果汁100%飲料でビタミンやミネラルを補うことも大切です。
腹持ちが良くダイット中におすすめのメニュー
外食 
麺類 : 鍋焼きうどん、おやこ南蛮、おかめうどん、冷やし中華、五目ラーメン、タンメン、チャンポン、にしんそば
丼物 : 親子丼、中華丼、ちらし寿司、鉄火丼、ビビンバ
その他: チキンカレー、シーフードカレー、野菜カレー、ミートソーススパゲティ、スパゲティボンゴレ、シーフードスパゲティ
コンビニ 
丼物 : 親子丼、ビビンバ丼、中華丼
麺類 : 冷やし中華、冷やしたぬきうどん、ワカメそば、きのこと野菜のけんちんそば、焼きビーフン、タンメン
その他: 豚しゃぶサラダ、蒸し鶏のサラダ、具だくさんスープ、ミネストローネ

◆お弁当を持参する場合は、栄養密度の高い食品を選ぶ
お弁当を作る場合は、同じエネルギーでも、タンパク質や、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、栄養密度の高い食品を選んでおかず詰めるようにしてみてください。
栄養素密度の高い食品についてはこちら

ヘルシーリセッタ リセッタソフト
目次へ戻る