TOPへ戻る

体脂肪の基礎知識

健康オイルTOP > 基礎知識 > ダイエットに活用しよう!⑩ いも類
体脂肪を減らすための基礎知識
基礎知識TOPへ
ダイエットに活用しよう!⑩ いも類

「いも類は太りそう」というイメージをお持ちの方も少なくないようですが、さつまいもやじゃがいも、やまいもには美容や生活習慣病に欠かせないビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なうえ、滋養強壮に有効な成分が含まれています。また、カロリーも100グラムあたり80kcal前後と少ないため、ダイエット中に上手に取り入れたい食品です。
今月はいも類の栄養について見直してみましょう。


● いも類はビタミン・ミネラル・食物繊維の宝庫
じゃがいもにはビタミンCと、「カリウムの王様」といわれほど、高血圧を防ぐ働きが注目されるカリウムが豊富に含まれています。また、さつまいもや里いもには、これらの栄養素の他に、血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維や、細胞の老化を防ぐビタミンEが含まれています。さらに、長いもやじねんじょなどのやまいもには、消化を促すでんぷん分解酵素や疲労回復に有効なビタミンB群が含まれており、昔から滋養強壮に抜群の効果を発揮するといわれています。


● 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が生活習慣病の強い味方
やまいもや里いもの独特なぬるっとしたぬめりは、ムチンやガラクタンという糖質とたんぱく質が結合した水溶性食物繊維の一種です。水溶性食物繊維には、血糖値や血中のコレステロールの吸収を穏やかにする働きがある他、食塩の主成分であるナトリウムを排泄し、血圧をコントロールする働きがあります。また、いも類には便秘を予防する不溶性食物繊維も含まれているため、腸内の環境を整え免疫力を高めるのにも効果抜群です。


● いも類の上手な調理法
いも種に含まれるビタミンCは、加熱によって壊れにくいのが特徴です。じゃがいもやさつまいも、里いもは、煮物や蒸し物、焼き物、揚げものなど、様々な調理方法で楽しみことが出来ます。一方、やまいもは高温で調理すると、でんぷん分解酵素の働きが失われてしまうため、生で食べる方が消化促進効果は期待できます。


いも類&健康オイルで、ヘルシークッキング
さっぱりポテトサラダさっぱりポテトサラダ
 ヨーグルトを使ったサラダ。ヨーグルトの酸味とオイルのまろやかさが全体を包んで、軽やかなポテトサラダに。
レシピはこちら

手羽元のさらさらカレー手羽元のさらさらカレー
じゃがいもはもちろん、野菜もたっぷりのカレー。ルーや小麦粉を使わずに、カロリーもオフ。
レシピはこちら